概要

通貨ペアUSDCHF/GBPUSD/EURJPY/USDJPY/EURAUD/EURGBP
時間足15分(M15)
バックテスト期間2010.1.1~2018.12.31(9年間)
純益(0.10ロット固定)USDCHF 177,718円
GBPUSD 333,915円
EURJPY 217,453円
USDJPY 170,311円
EURAUD 277,268円
EURGBP 140,161円
プロフィットファクター(PF)USDCHF 1.34
GBPUSD 1.59
EURJPY 1.20
USDJPY 1.24
EURAUD 1.38
EURGBP 1.26
最大ポジション数1(各通貨ごと)
利益確定(TP)15 pips(通常は内部ロジックによる決済を行う)
損切り(SL)55 pips (通常は内部ロジックによる決済を行う)
トレードルール(概要)日本時間の早朝という、比較的ボラティリティの低い時間帯に起こった買われすぎ・売られすぎに対して、逆張りエントリーを行います。
シンプルで普遍的なロジックであるため多くの通貨ペアで通用することを確認しています。

EA詳細

『HAL Multi-pair Scalping』は比較的値動きが穏やかなアジア時間の早朝にスキャルピングでトレードを行う手法です。いわゆる”朝スキャ”タイプのEAとなります。

複数の通貨でまったく同じロジック・パラメータで動作させた場合でも通用するため、強力なロジックであると言えます。
一つのEAで複数のEAを動かしているような「マルチ」な活躍をするため、EAポートフォリオの強化にも役立つと考えられます。

使用しているテクニカルは「ボリンジャーバンド」と「移動平均線」です。
主に移動平均線でトレンドを把握、ボリンジャーバンドによって相場のエントリーポイントを判定します。

バックテスト分析

6通貨の成績(バックテスト結果)を重ね合わせた損益グラフです。
0.10ロット固定の9年間(2010年~2018年)のデータで、トータル+\1,316,829の純益となっています。

全通貨を組み合わせて運用した場合の2010年~2018年の収益グラフとなります。
(画像は$表記ですが、実際の単位は\です)

以下では通貨ペアごとのバックテスト結果を掲載します。

  • USDCHFのバックテスト結果
  • GBPUSDのバックテスト結果
  • EURJPYのバックテスト結果
  • USDJPYのバックテスト結果
  • EURAUDのバックテスト結果
  • EURGBPのバックテスト結果

パラメータについて

ロット数EAが取引する固定ロットを設定します。
利確[pips]オーダーに設定される利確ポイントを設定します。通常は内部ロジックにより決済されます。
損切り[pips] オーダーに設定される損切りポイントを設定します。通常は内部ロジックにより決済されます。
トレーリングストップ[pips]トレーリングストップにより損切りポイントを引き上げる場合に設定します。デフォルトでは無効(0)です。
最大スプレッド[pips]注文時に許容するスプレッドの最大値を設定します。
スリッページ[pips]注文時・決済時に許容するスリッページ(約定滑り)の値を設定します。
マジックナンバーEAが自分のオーダーを見分けるために設定される番号です。複数EAを組み合わせる場合は互いに異なる値にしてください。
複数通貨ペアで同時に稼働する場合は必ず、異なるマジックナンバーでそれぞれ設定をしてください。

例:
USDCHFはマジックナンバー「3352001」
GBPUSDはマジックナンバー「3352002」
EURJPY はマジックナンバー「3352003」等  
コメントEAのオーダーに設定されるコメントです。通常はEA名を入力します。
※※パスワード※※口座利用申請後にお送りするEA利用パスワードを入力してください。
誤ったパスワードが設定されている場合は動作しません。
■ボリンジャーバンド
・期間
・エントリー強度
・クローズ強度
ボリンジャーバンドに関する設定を行います。(※上級者向け)

・期間 …… ボリンジャーバンドを計算する期間です。時間足(15分)の倍数部分を設定します。デフォルト設定では「12」なので、12×15分=3時間となっています。

・エントリー強度 …… エントリーロジック用のボリンジャーバンドの偏差に影響します。数字が大きいほど、エントリー条件のボリンジャーバンド偏差が大きくなり、エントリーが少なくなります。「-1~3」程度を推奨。

・クローズ強度 …… クローズロジック用のボリンジャーバンドの偏差に影響します。 数字が大きいほど、クローズ条件のボリンジャーバンド偏差が大きくなり、クローズが遅くなります。 「-1~3」程度を推奨。
■エントリー時間
・エントリーFrom(hh:00-)
・エントリーTo(-hh:59)
EAがエントリーを行う時間を設定します。
標準では「朝スキャ」で一般的に使われる時間帯22:00~3:59が設定されています。
■トレンドフィルターを使用
・移動平均線(短)
・移動平均線(長)
トレンドフィルターを使用する場合は「true」にします。
使用しない場合、エントリーの条件はボリンジャーバンドのみになります。
■金曜日クローズを使用
・金曜日クローズ時間(xx:00)
金曜日に強制決済を行う場合に設定します。trueで有効、falseで無効です。
エントリーを決済する時刻は「金曜日クローズ時間(xx:00)」で設定してください(範囲:0~23)。
■月曜日フィルターを使用月曜日にエントリーを行わないフィルター設定です。
trueで有効となります。

無料EAの利用方法

FX-Tokyoが連携するFX会社の口座を開設していただくことで、すべてのEAが利用可能になります。
詳しくは利用方法をご覧ください。

ダウンロード

EAのダウンロードはこちら
※EA利用申請後に送られてくるダウンロードパスワードが必要です。