FX-Tokyoから配布しているEAの設置方法をご説明します。
※XM Tradingでの例となりますが、MT4は各社共通プラットフォームのため、設定手順は同じです。

EAをMT4フォルダへコピー

MT4を起動します。

ツールバーから「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

開いたフォルダの中から「MQL4」を開きます。

「Experts」を開いてください。

設置するEAファイル(*.ex4)をExpertsフォルダの下にコピー(または移動)します。今回はSampleEA_USDJPY_M5.ex4というファイルをコピーしました。

自動売買を許可する

MT4の最上部にあるツールバーの「ツール」をクリック後、「オプション(O)」を選択してください。

以下のような画面が表示されるので「エキスパートアドバイザ」タブにマウスを合わせてクリックします。
「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する」にチェックを入れ、OKを押します。

チャートの表示

EAを設置する通貨ペアと時間足のチャートを表示します。対象となる通貨ペア/時間足はEAによって異なります。今回は例としてUSDJPY(米ドル円)の5分足のチャートを表示します。MT4の上部にある「新規チャートの作成」ボタンから、対象の通貨ペアを探しクリックします。

  • 通貨ペア/FX会社によっては上のような画面で表示されない場合があります。その場合は、「Forex 2」「Forex 3」などのカテゴリの中から探してください。

チャートが表示されるので、対象の時間足(今回は5分足なので「M5」)のボタンをクリックします。

チャートへEA設置

MT4の左側「ナビゲータ」画面から、設置するEAをチャートにドラッグ&ドロップします。

  • 対象のEAが見つからない場合は、ナビゲータ画面を右クリックし、「更新」をクリックしてください。
  • フォルダ(Experts)に正しくEAファイルがコピーできていない場合、対象のEAが表示されません。

下のような画面が表示されます。表示されたウィンドウから全般タブで下記の図のようにチェックが入っていることを確認します。

「パラメーターの入力」タブをクリックします。 メールでお送りしたEA動作用のパスワードを「※※パスワード※※」欄 へ入力します。

  • 必要に応じてロット数などの他のパラメーターを変更してください。

正しく設定できた場合、チャートの左上に「EAが正しく設定されました。」と表示されます。
また、チャートの右上にはEA名とニコちゃんマークが表示されます。これで設定完了です。

  • パスワードが間違っている場合

下の画面のようなアラート(Password is wrong!)が表示されます。EAは動作しません。
もう一度、EAをチャートにドラッグ&ドロップし、正しいパスワードを設定してください。